*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生徒作品(造形コースの籠)
DECOクレイクラフトアカデミーにはフラワーコースと造形コースがあります。私は最初にフラワーコースに入会して講師資格を取得しました。私の師事した先生は造形コースとフラワーコースを毎回レッスンの時に同時進行で生徒さんに教えられていました。フラワーコースを受講しているあいだに造形をされている生徒さんの作品の素晴らしさと奥の深さに感動して、造形コースにも入会して講師資格を取得しました。
私の教室でも既に一人造形コースに入会されていて完成作品を見て感動された生徒さん二人が造形コースに本日入会してくださいました。
DSC01816.jpg
リビングではフラワーコースのレッスンを、リビングのドアを開けて和室では造形のレッスンを行っています。
和室は掘り炬燵になっているので長時間でもらくです。
初めて石粉粘土を触った生徒さんが「こんなに硬い粘土を細長く丸めて伸ばすなんてそんなことできるのですか?」と不安そうにおっしゃいました。最初は粘土を丸めて伸ばす作業が辛そうでしたがだんだん編みあがると身体もなれてきて少しお話しながら笑顔が見えてきました。下の籠部分が編みあがった時大変な作業だっただけにお二人とも喜んでおられました。取っ手の部分と淵と飾りの薔薇は乾いてからしかできないので本日はここまでしかできません。でもたったここまででも初めての方には大変な作業なんです。最後に色を塗るのですが白の陶器風にするか茶系の籠風にするか悩んでおられたお二人、両方欲しいのでもう一度自宅で同じ籠を編むとおっしゃてびっくりです。本当に熱心なお二人です。籠を二回編むと上手になりますし色塗りも2種類教えることもできるのでとても自分にプラスになります。造形を大変気に入られたお二人さんでした。
DSC01823.jpg
こちらはフラワーコースⅢの菖蒲のアレンジです。お孫さんの兜の横にディスプレイするのが楽しみとおっしゃっていました^0^
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。